うつの薬についてのQ&A

うつにかかった時の薬についての良くある質問についてお答えしています。
治療の柱の一つが薬なので、しっかりと知識を身につけましょう(^^)

 

※当サイトの情報は正確を期してはおりますが、実際の服薬に関することはかかりつけの医師や薬剤師と相談して決めるようにしてください。
万一利用者が当該情報などに基づいて被ったとされるいかなる損害についても、情報提供者は責任を負えません。

うつの薬についてのQ&A記事一覧

人は精神的に辛い体験によって神経伝達物質のバランスが崩れてしまいます。そして、バランスが崩れたまま元の状態に戻ることができなくなります。これがうつ病なのです。神経物質の働きによって引き起こされるものなのです。この神経物質の働きをもとの状態に戻してくれるのが抗うつ剤です。抗うつ剤とは抗うつ剤とは、抑うつ気分の持続や希死念慮を特徴とするうつ病のような気分障害に用いられる精神科の薬のことをいいます。うつ...

抗うつ薬は、処方薬になるので、薬局やドラッグストアでは買うことができません。医師の診察と処方が必要になってくるお薬です。医師から処方された場合も、効き目が出てくるまでに2週間は飲み続けないといけないです。それで、副作用など身体に合わない場合は違う薬に変えたりと微調整が必要な薬になってきます。ですから、何かお悩みの場合はまずは、心療内科または精神科に相談すると良いと思いますよ。一部インターネットなど...

お答えします。特徴を箇条書きにしてみます。■市販薬・ドラッグストアなどで買える・「処方せん」がなくてもOK・効き目はそれほど強くない・副作用もそれほど強くない・価格はお店によってまちまち。■処方薬・医師の診察と処方箋が必要・ドラッグストアなどでは買えない (調剤薬局など)・効き目も強いが副作用もある。・そのため患者一人一人にあわせて量や 種類を選んでいる。・全国どこで同じ価格。と言った感じです。抗...

(質問続き)Qうつ病ですが、アルコールを飲むと気分がよくなります。アルコールを薬の代わりに飲むのはどうでしょうか。A(回答) 確かに気分が落ち込んだ時にアルコールを飲んで気を紛らわすという人は多いです。ただし、アルコールの場合、冷めた時にもっと気分が落ち込むので注意が必要です。また、酔いがさめるのが嫌なのでどんどんお酒を飲むため肝臓などの身体にも負担がかかり、アルコール依存症のようになる方もいます...

うつ病の場合は、完治と言わずに、治った状態の事を寛解という風に言います。それは、うつ病の再発率が高くて、今、良くなっているように見えてもしばらくすると再発してしまうことが多いからです。さて、薬だけで完治するかというご質問ですが、今は良いお薬が出ているので薬だけでもかなり良くなると思います。最近、カウンセリングも大事だよ!ということを新聞などで見かけますが、ほとんどの精神科・心療内科では現状では薬物...

お答えします。炭酸リチウムは、躁病や躁状態、躁うつ病の躁状態の時に出るお薬ですね。炭酸リチウムは副作用が強いお薬なので、血中濃度を測りながら服用することが大切です。おそらく定期的に血液の中のリチウムの濃度を測っていると思うので、ちゃんと検査しながら服用していれば問題ありません。自分の判断で薬の量を多く飲んだり、少なく飲んだりすると血中濃度のが安定しないので、医師の指示をちゃんと守った方が良いと思い...

特効薬というと、これを飲めばすぐによくなる薬みたいなイメージがありますが、すぐにうつ病がよくなる薬というのは、今のところないようです。うつ病になったら処方されるのは、抗うつ薬です。抗うつ薬は、うつ病治療に有効であるとデータがありますし、再発を防止する効果もあるといわれています。うつ病は再発しやすい病気なので、うつの症状がよくなってからも最低半年間は同じ量を飲み続けた方がよいと言われています。その後...