抗うつ剤の種類、効く効かない、副作用、効くまでの期間などについて答えました。

人は精神的に辛い体験によって神経伝達物質のバランスが崩れてしまいます。そして、バランスが崩れたまま元の状態に戻ることができなくなります。これがうつ病なのです。神経物質の働きによって引き起こされるものなのです。この神経物質の働きをもとの状態に戻してくれるのが抗うつ剤です。

 

抗うつ剤とは

抗うつ剤とは、抑うつ気分の持続や希死念慮を特徴とするうつ病のような気分障害に用いられる精神科の薬のことをいいます。うつ病を改善するために用いられる薬で即効性はほとんどありません。

 

効果を出すまでには1週間から2週間程度飲み続けないといけません。
そのため副作用などがある場合はお医者さんと相談して調整することが必要になってきます。

 

うつ病は気持ちの持ちようなどではなく、脳内の神経物質が減少して引き起こされるものです。そのため、その物質を補うことが必要となってきます。それが抗うつ剤なのです。

 

うつ病の場合、神経伝達物質が脳の神経細胞から放出されて効果を発揮する前にまた出てきた神経細胞に戻って行ってしまいます。抗うつ剤はそのような現象を阻止して神経細胞と神経細胞の間の神経伝達物質の量を増やすことでその効果を十分に発揮できるようにしてくれるのです。

 

抗うつ剤の原料はほかの薬と同じように薬草や動物から抽出した薬効成分や石油、石炭などが多いです。効果のある薬草の成分がどのような構造をしているかを解明し、それを科学的に合成して純粋なものを作っています。
もちろん何度も実験をして安全性を確かめて厚生省の認可を受けたものが薬として販売されるため安心です。

 

抗うつ剤の種類

抗うつ剤と一口に言ってもたくさんの種類があります。うつ病の症状は人によって違うため、その人の状態に合わせて臨機応変に対応していきます。

 

三環系抗うつ剤
三環系抗うつ剤は効果が強いことが特徴です。主な作用としては気分に影響を与える神経伝達物質の吸収・分解を抑えて増やすという働きがあります。

 

四環系抗うつ薬
四環系抗うつ剤は三環系と比べると副作用の少ない抗うつ剤です。薬の効果が出るのも三環系よりも早く即効性があります。眠りの質を深くする作用に優れているため不眠の強いタイプのうつ病に用いられています。

 

SSRI
SSRIは、気分に影響を与える神経伝達物資のうち特にセロトニンだけを選択的に増やす作用に優れています。効果もしっかりあり、重篤な副作用もほとんどなくなったため効果と副作用のバランスが良い薬です。

 

SNRI
SNRIはセロトニンだけでなく、ノルアドレナリンも増やす効果があり、こちらも効果と副作用のバランスが取れた薬です。

 

いくつか種類をあげましたが、ほかにもいくつか種類があり、自分の症状に合わせた抗うつ剤を選ぶことが非常に大切になっていきます。

 

抗うつ剤の用途とは

 

うつ病は神経伝達物質のバランスが取れないことで、その効果が十分に発揮できない状態になるために引き起こされる病気です。抗うつ剤はその神経伝達物質の量を整えて十分に働くことができるように手助けするものなのです。抗うつ剤は即効性のあるものでなく効果が表れるまで時間がかかります。

 

そして、その期間には個人差があります。そのため効果が出るまでコンスタントに飲む必要があります。効果が表れてもすぐに服用をやめるわけでなく医師が個人にあった服用期間を判断します。

 

自己判断で途中でやめてしまうと再発のリスクが高まり、治療期間が延びてしまう原因になってしまいます。
抗うつ剤は神経伝達物質のバランスを整える働きがあります。

 

うつ病の原因としてはそれだけでなく日々のストレスや生活習慣の乱れなどがかかわってきます。

 

うつ病の治療にはこうした抗うつ剤は治療のひとつで、抗うつ剤を飲むだけでなく生活習慣の見直しやストレスの改善、十分な休息をとることも必要となってきます。

 

抗うつ剤の副作用

 

抗うつ剤の副作用として多いのは眠気、頭痛、太りやすいなどです。
眠気は中枢神経抑制作用によるものです。不眠などの症状があるときは寝る前に服用することで睡眠薬の代わりにもなります。頭痛も副作用としてあげられます。自分に合わない薬を飲むことで身体に不具合が出ることがあるのです。

 

副作用として太るというものがあります。薬は良いほうに動く一方で反対に悪いほうに動いてしまうことがあります。

 

例えば抗ヒスタミン作用に働く抗うつ剤の場合、ヒスタミンは満腹中枢を刺激する物質のため、抗ヒスタミン剤を使用すると満腹感が得られなくなってしまいます。他にも抗うつ剤の中には幸せを感じるセロトニンを促進する作用が代謝抑制に働いたり、うつ病に良い作用が太らせる原因となってしまうのです。

 

副作用は始めのうちが強く症状が出ますが、だんだんと慣れて弱くなっていきます。
あまりにも副作用が強い場合は医師と相談して薬を変えてみるのがよいでしょう。