大学の心理相談室のカウンセリング代金が安いのはなぜですか。

大学の心理相談室の相談費用は実際、かなり安いです。
詐欺とかではないかという質問を受けました。

 

では、さっそく質問に答えていこうと思います!

 

 

・まず一般的なカウンセリングの価格は?

 

カウンセリング=高いというイメージが一般的のようです。
特に東京都内で心理カウンセリングを受けようと思うと、1万円くらいかかります。
病院だと保険がきくのでは?という方も多いのですが、
今のところ保険が効かないので実費のところが多いです。

 

 

 

うつ病で、薬だけもらっていても、考え方とかが変わらないとまた再発するわけで何とかカウンセリングを受けたいけど、こんなに高いとやはり厳しいです。

 

 

 

・大学の心理相談室の価格は?

 

 都内でも3000円くらいのようです。安い所だと1000円台のところもありました。一般的な面接機関だと、1万円くらいなので、かなり安いです。。

 

 

 

・大学の心理相談室って何?

 

 多くの大学の一般向けの相談室は、臨床心理士の学生を養成するために開かれている所が多いです。つまり、大学病院のように教員が実際に相談を受けるところを見せたり、大学院生に担当させることで臨床心理士の学生の技能を上げていこうとする機関ということになります。

 

 

 他に、単純に地域貢献を目的としている大学もあります。この辺りは、カウンセリングだけで経営しようとしている「●●カウンセリングセンター」とか「○○心理カウンセリングオフィス」と違うので、料金が安くても経営が成り立つという背景があります。
営利目的ではなく教育目的なので、価格的には良心的になるわけです。

 

 

 

・大学の心理相談室の質はどう?

 

 初回の面接は、ベテランの教員の臨床心理士が行う所がほとんどです。その後、相談内容や症状によって大学院生が教員の指導の下に、面接を行っていくという形なので、ある程度の質は担保されていると思います。特に1回目の面接は、他で受けると1回一万円の先生が、1000円〜5千円くらいの間で対応してくれるのでコスパがかなり高いです。

 

その後の面接も、研修生とはいえしっかり指導を受けているので、質は高いかと思いますが、やはりいいろんな研修生がいると思うのでピンキリです。

 

 

 

・カウンセリングの担当を指名できますか?

 

 安い価格で、他の病院等で心理面接をしている教員に継続的に担当してもらう。これが一番理想的だと思うのですが、多くの場合担当教員を指名するということは難しいようです。ただし、女性のクライエントさんが、「男性カウンセラーは苦手なので、女性カウンセラーをお願いします!」といった、同性のカウンセラーをリクエストする程度のことは可能です。

 

 

 時々、中年男性が「若いカウンセラーの担当をお願いします(^^)」とリクエストされることがあるそうなのですが、ブラックリストに載る可能性があるのでやめておいた方が無難です(笑)別の店に行かれる方がよろしいかと・・・。

 

 

 裏ワザというか、レアなケースとして、長年どこかの精神科や心療内科にかかっていて、そこの医者が大学の相談室勤務の著名な臨床心理士に心理カウンセリングを依頼するというケースはあるにはあるのですが、それまで精神科に通わないといけないですし、どこのドクターとどこの先生が仲良しかというのはなかなか出回っていない情報なので期待しない方が良いですね。

 

 

・大学の相談室に向く人向かない人。

 

 大学の相談室の場合、医療機関ではないので相談室に行って薬を処方してもらいその後カウンセリングを受けるということはできません。あくまでカウンセリングだけなので、薬はどこかの心療内科、精神科で処方を受けその後、カウンセリングだけ受けるという使い方が良いと思います。

 

 また、相談室によって、成人のうつの方は対応していないなどもあるのでその点も注意が必要です。子供さんの場合は比較的受け入れが良いようなので、うつ状態を伴う不登校や発達障害の2次障害のうつなどは相談してみても良いかなと思います。

 

 

 いずれにしても、自分ではうつだと思っていても、他の身体的な病気が原因の可能性もあるので、先に受診して「心理的な問題ですよ〜」という場合に検討してみるとよいと思います。

 

 

 

・心理テスト(心理査定/心理検査)が充実している。

 

 大学の心理相談室は、専門家を養成している関係で、心理査定といって、心理テストが充実しています。この心理テストはガチなテストなので、1回1時間とか2時間くらいかかりますが、自分を知りたい場合はやってもらうのもよいかもしれません。

 

 

研修生に心理テストの経験を積ませたい相談室の場合積極的にやってもらえる可能性もあります。ただ、心理査定を行うか行わないかは、相談室で決めることなので、やってもらえないこともあることは理解しておいてくださいね。

 

ちなみにこの心理検査は、あなたと相性の良い男性が分かりますとか、あなたの性格を動物で分類します!みたいなライトな感じではないので気を付けましょう。

 

 

 

・まとめ

 

 「心理カウンセリングを受けたい!」という方に、大学の心理相談室は意外とおすすめだと思います。価格的にもリーズナブルですしね。
ただ安い分、研修生が担当になることもあります。どこの業界でもそうですが、研修生もレベルの高い研修生もいれば、そうでもないのもいるので、ピンキリだと思ってください。。

 

しかし、普通の相談室で何万円も払って失敗だったというよりも、数千円の出費で失敗がわかるので、失敗した時の傷は浅いかと思います。その場合は他の大学の心理相談室に通えばよいのです。

 

逆に、運よく、優れたカウンセラーの先生が担当になる可能性もあるのが、大学の心理相談室なので、思い切って一度相談してみるとよいかもしれませんよ。