うつチェック・見分け方Q&A

うつ病かなと思った時のうつ病のチェックの仕方や
見分ける方法などについての疑問に答えています。

 

うつチェック・見分け方Q&A記事一覧

普通に生活しているといろいろ憂うつになる事が多くて困りますよね・・。さて、憂うつな気分が続くと、うつ病になるのかなと心配とのことでした。そうですね。たしかに、うつな気分が長く続くと、うつ病になる可能性があります。うつの診断基準についてただし、うつ病と言うくらいですから、うつの病気と診断されるにはいくつか診断基準があります。専門的には『DSM−IV−TR』という基準があるのですが、簡単に言うと以下の...

うつ病の診断基準は別ページに書いているので、そちらを見ていただくとして、分かりやすい所としては、3つの点に気を付けると良いかなと思います。いずれも、体にストレスがかかりすぎている時にでてくる症状です。身体の調子の悪さ1つ目は、体の調子の悪さです。人によって異なりますが、肩こり、頭痛、胃痛、下痢、めまいなど体に不調が表れてきます。精神的な不調2つ目は、精神的な不調です。欲が減ってくるという感じですね...

確かにうつ病はいろいろ分類があります。わたしも、学生の時にうつ病について教わった時にこんなにいろいろあるのかと驚いた覚えがあります。うつ病の分類としては、原因から分類する分類法(身体因、内因、心因)DSMのように症状で分類する2つの分け方が主流です。原因からうつ病を分類してみると・・原因から分類する分け方を紹介すると・身体因(外因):甲状腺の異常などの体の病気や、薬が原因でうつ状態になっているもの...

DSM・・・聞きなれない言葉ですよね。お答えします。DSMは、Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disordersの略です。頭文字をとると、DSM(ディーエスエム)と呼ばれます。これは、アメリカ精神医学会が作った、精神障害の診断と統計の手引きです。精神障害と言うのは身体の病気と違って目に映らないので、お医者さんによって診断が違う事や、国によって...

DSMは、Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disorders(精神障害の診断と統計の手引き)でアメリカ精神医学会が作った手引き。ICD-10は、International Statistical Classification of Diseases and Related Health Problems(疾病及び関連保健問題の国際統計分類)1...

自分でもある程度分かった方が良いと思うので、簡単な見分け方を教えます。これは、プライマリケアと言われる医療機関の初期の診療で使われる基準です。精神科専門の医師でなくてもある程度うつを見分けられるようにと作られたものなので、使い易いと思いますね。質問に対して、yes,noで答えるようにしてください。@「おっくうな感じがするかどうか?」A「何をやっても楽しくない、何にも興味を持てない」 という状態が2...

厚生労働省「うつ対策推進方策マニュアル」の中で紹介されているセルフチェックが結構有名です◆うつ病のセルフチェック◆・毎日の生活に充実感がない。・これまで楽しんでやれていたことが、楽しめなくなった。・以前は楽にできていたことが、いまではおっくうに感じられる。・自分が役に立つ人間だと思えない・わけもなく疲れたような感じがする。以上の項目のうち2つ以上当てはまる。ほとんど毎日続いていていて生活に支障が出...

ネットでうつ病チェックをしたらあてはまるのがあって不安だとのことですね。実は、私も割とうつ病の疑いがありますよと言う診断結果になることが多いです(+_+)ネットや本のうつ病チェックと言うのはあくまで目安ですから気になるようであれば、医療機関を受診するくらいでよいと思います。ただし、本当にうつ病チェックがあてはまって受診して、うつ病と診断される方もおられますので、そうばかにできるのではありません。病...

うつ病の方の場合は、これまで楽しんでいた自分の趣味などにも興味をもてなくなります。また、集中力や記憶力が落ちたり、自分を責めて、時には自殺を考えると言った特徴があります。他にも体の不調として、肩こりやめまい、胃腸の障害なども出ます。仕事もできなくなるので、この辺りが怠けと勘違いされやすい所ですが、病気なので、簡単に回復せず2週間以上続いていると言うのがうつ病の特徴でしょうか。怠けの場合は、仕事場面...

A私も見ました。確かNHKの番組だったと思います。全国で10箇所程度行われていて、効果を挙げているようです。うつ病と言っても、はっきり目に見えるものではないのでこういう目で見て分かると言う検査はとてもよいと思いますね。検査方法は、光トポロジーという、コードがたくさんついている帽子のようなものをかぶると頭の中の血の流れが分かると言うものです。課題を与えられてその時の、脳の血流量を調べます。一般の人と...

うつ病は、突然かかる病気ではなく、ストレスが長期間かかる事によって徐々にかかっていく病気です。したがって、うつの患者さんに調子が悪くなったのはいつごろですか?と聞くと、そういえばこんなきっかけがあったと語られることが多いです。いくつか例を挙げてみるので、参考にしてみてください。・休みの日は、外出せず家でずっとごろごろするように なった。・何事もネガティブな考え方になって、同じ考えがずっと頭の中を回...

個人的な経験では、うつ病の人とたくさんお会いしていると街とかでも、この人うつ病かな??となんとなくわかるようになりますね。全体的に、脳の機能がダウンしているな〜というのが雰囲気や動きでわかります。。。眠れなかったり、生活リズムが崩れてくるのでその辺りも外見に表れているのだと思います。目つきについては、注意してみたことがなかったので、幾つか調べてみました。・眼がつりあがっている・眼が据わっている。・...

うつについても、普通の病気と同じように、重い、軽いなどがあるのですが、中々わかりにくいところではありますよね。。私自身も、そういう目安ってあるのかなと調べてみたら、わかりやすく図解で説明しているものがありましたので、説明します。色の濃い方が重いうつ病と思ってもて下さい。引用:うつの8割に薬は無意味精神科医の井原先生という先生が書かれた本に紹介してあった図です。真ん中の精神病性うつ病と、中等度・重症...

承認欲求という言葉を聞いたことがありますか?実は少なからず誰しも持っている感情のことですが、この承認欲求が強すぎるとうつになりやすい傾向がでてきます。この承認欲求について正しく理解することで、上手に人間関係に対処する助けになれるでしょう。